カニ通販激安おすすめランキング 人気の蟹はネット購入が便利

カニの解凍方法

冷凍されたカニを食べる際に、解凍方法によってカニ自身の味がとっても変わってしまうことがあります。

 

出来ることならカニというものはおいしく食べたいものですから、できる限り解凍方法もよい方法で行いたいものです。
そこで、今回はカニの解凍方法について教えていきたいと思います。

 

まず、解凍方法ですが基本的には冷蔵庫の中でじっくりと回答していく方法をとっていただいて、常温やレンジなどで急速に回答するような方法は取らないようにしてください。

 

なぜなら、室温などで急速に解凍を行打ことになりますと、溶けた氷と同時にかにの旨み成分が含まれているエキスが流れ出てしまいますので、

 

おいしさが悪くなるものと同時に、水分が抜けやすくなってしまいますので、身もパサパサになってしまいます。

 

ですので、時間はかかりますが、基本的には隷属子でゆっくりと溶かすことによって、品質を保持しつつカニをおいしく食べることができるようになります。

 

解凍する時間はカニの種類やカニの大きさ、冷凍された方法によって異なりますが、基本的には半日から1日くらいかけて解凍することが望まれています。

 

カニをおいしく食べるのには忍耐が重要なのです。じっくり待って食べるカニはきっとおいしいと思います。

 

美味しさのカギは解凍にあり!冷凍カニの正しい解凍方法

 

 

冷凍カニをおいしく食べるポイントは、解凍のやり方にあります。どんなにおいしい冷凍カニでも解凍方法を間違えてしまえば、水っぽくて味の抜けた状態になってしまいます。

 

今回は、冷凍カニをおいしく食べるための解凍方法を紹介します。

 

冷凍カニを解凍しようとした場合、多くの方は室内に放置して自然解凍させようとします。その方法は実は大きな間違いであり、カニのうまみが全部抜けてしまう解凍法です。

 

正しい冷凍カニの解凍方法は、冷蔵庫の中でじっくりと時間をかけて解凍する方法です。この方法だと急速な解凍の影響でカニ内部の水分が抜けてしまう心配はいりませんし、うまみを逃がさずに解凍可能です。

 

解凍時間はカニの大きさやみの厚みによって異なりますが、タラバガニなら24時間、ズワイガニなら12〜18時間が目安です。胴体の部分は身が詰まって解凍に時間がかかるため、足や肩だけのカニならもう少し短い時間で解凍可能です。

 

ゆでたり焼いたりするからと解凍せずにそのまま調理してしまう方がいらっしゃいますが、凍ったままのかにを直接調理すると味が落ちてしまいます。少なくとも表面に就いた氷が落ちる程度までは解凍してから調理したほうが、味も風味もアップします。

一般的なカニの解凍方法

インターネット通信販売でカニを購入する際、通信販売で購入できるカニ商品の殆どが冷凍であり、冷凍カニを購入する人が殆どかと思います。

 

カニを冷凍で送る設定にすると、数日掛かって届く地域であっても、冷凍であるために鮮度の劣化や傷みなどを気にせずに済みます。

 

最近の冷凍技術は向上しており、冷凍だからといって質が劣る事はあまりありません。

 

カニを冷凍で購入すると、解凍の必要がありますがカニの解凍方法として、鍋などでいきなり解凍をするのはお勧めできません。

 

冷蔵庫に入れて時間をかけて解凍する事で、カニが持つうまみを守ります。

 

解凍には時間が掛かってしまいますが、一般的には半日から一日程度が掛かります。

 

冷蔵庫で解凍する際に、ペーパーなどで包んだ上でカニをビニール袋に入れておくと、解凍の際にグレースが垂れても安心ですし、ペーパーで包む事で乾燥を防げます。

 

いきなり強制的に解凍すると、カニが乾燥してしまいますし、うまみエキスが逃げてしまうために注意が必要です。

 

一度解凍をしたら食べきり、再冷凍は避けましょう。

 

すぐに食べたい、と急いでいる場合はビニール袋にカニを入れた上で流水で解凍しましょう。

 

ビニールに入れることでカニのうまみエキスが逃げる事を防げます。

冷凍カニの解凍はゆっくり時間をかけて

現代では、冷凍技術や輸送技術が発達して、産地から遠く離れた場所でも美味しいカニを届けることが出来ます。

 

鮮度を保つために冷凍保存するというのは良いのですが、問題となるのは食べる前の解凍です。

 

この時に失敗してしまうと、どんなに美味しく冷凍された高級ガニでも旨味が抜け出てしまって美味しくなくなってしまいますので、注意が必要です。

 

冷凍カニの正しい解凍方法というのは、『ゆっくりと解凍をする』ということです。

 

理想的なのは、凍ったカニを冷蔵庫に入れて24時間を目安にじっくりと解凍させることです。

 

カニを新聞紙やキッチンペーパーなどで覆い、水切りのざるなどに乗せて袋で覆えば、乾燥することなく解凍が出来ます。

 

カニは出荷時の冷凍の際に、グレースと呼ばれる薄い氷の膜を作って冷凍しています。

 

この氷の膜によって、輸送中の乾燥を防いでいるわけなのですが、家庭で解凍される際にこれが溶けた物をドリップと勘違いする方も少なくありません。

 

正しい解凍方法で行っていればドリップは殆ど出ませんので、しっかりと表面の水気を拭き取ってから落ち着いて調理をしましょう。

 

また、甲羅付きの丸のままのカニを解凍する際には、甲羅を下向きにしておくとカニ味噌が流れ出るのを防げますので、覚えておくと良いでしょう。

 

味を求めるなら、流水やいきなり鍋へというようなマネはせず、じっくりと待つことが重要なのです。