おいしくカニを冷凍保存する方法

おいしくカニを冷凍保存する方法

 

おいしくカニを冷凍保存する方法

カニを購入した際には、一気に食べきれなかったり、後日食べることなどがあります。

 

たいてい、冷凍して保存するといったことがあります。

 

ただし、冷凍して保存するといっても、カニの部位や状況によって保存方法により品質が変わってしまうことがあります。

 

そこで、今回はカニの冷凍保存の方法を教えていきたいと思います。

 

まず、既に冷凍されているカニについては、郵送されてパック包装してあるものはそのままで、

 

包装がない状況ならラップなどを巻いて空気に触れさせないように保存しましょう。

 

後は基本的に、家庭用の冷蔵庫は業務用に比べて温度が高いので、早めに食べてしまうのがベストです。

 

解凍したものを再び冷凍すると鮮度が落ちますので、解凍するときはその時にすぐ食べましょう。

 

また、ボイルされたカニにつきましては、これもラップなどでくるんでカニの水分を逃がさないようにしつつ、

 

アルミ製のパットの上において保存するといいでしょう。

 

基本的に生だったり生きているカニも冷凍で保存するときには一度ボイルしたほうがいいというのが基本です。

 

また、カニみそにつきましては、残念なことに痛みやすく冷凍保存にも向きませんので、早めに食べておくのが正解です。

 

このような感じで、カニの冷凍保存をすれば、品質は長く持ちやすくなり、おいしく食べられるでしょう。

 

 

かに本舗は、当サイトお取り寄せサイトおすすめナンバー1

 

取扱量はかに通販業界最大級で、カニ本舗の社長自らが現地に直接足を運んで蟹を買い付けているほどのこだわりっぷり。

 

格安で高品質のカニを購入でき満足度91%という高い評価を得ているのがカニ本舗です。

 


 

かに本舗 詳細

 

 

 

北国からの贈り物は品質チェックを独自で行っており、取れた手の感動が味わえると鮮度が評判

 

北国の美味しい蟹は一度食べてみる価値のある商品です。

 


 

北国からの贈り物 詳細

 

 

 

かにまみれは北海道のタラバガニ、ズワイガニ、毛がに、花咲ガニをセットにした

 

10500円のパックが人気です。

 

いわゆるパーティーセットですね。

 

かにまみれは激安、わけありカニも扱っておらず、高品質のかに通販といえます。

 

いいかに商品を購入したい人にオススメのかに通販です。

 



 

かにまみれ 詳細

 

 

 

タラバガニ・毛がに・ズワイガニ…北海道発!

 

かに通販なら浜海道という方が多いです。

 

浜海道オンラインショップは、カニやエビなどの海産物(魚介類)を全国へ直送しており、

 

北海道函館市では、ホテルや旅館、寿司店や居酒屋、レストランなどに卸売りしており、

 

地元函館で愛されているかに通販です。

 

専門店で使われている新鮮で本格的な食材を一度試す価値はありますね。

 



 

浜街道カニ通販 詳細とクチコミ

 

 

第5位 北釧水産

 

仕入から発送まですべて自社で行なっているのが北釧水産です。

 

安い値段で上質な蟹買うことが出来ます。

 

北釧水産は小さな会社ですがとてもサービスの評価が高いです。

 


 

北釧水産 詳細

 

 

 

第6位 マルゲン後藤水産

 

マルゲン後藤水産はテレビなどでも良く紹介されている業者です。

 

マルゲン後藤水産のカニ通販は新規ユーザーのリピート率7割以上という数字を誇っています。

 

それだけ満足度が高いサービスを提供しているのです。

 


 

マルゲン後藤水産 詳細

 

 

第7位 北海道海鮮工房

 

タラバ蟹、ズワイガニ、毛ガニ通販なら北海道海鮮工房がおすすめ。

 

値段別、目的別で気になるカニを購入できるので、

 

チェックしてみてください。

 

 

北海道海鮮工房 蟹通販

 

 

水分の保護がポイント!正しいカニの冷凍保存法

 

カニは鮮度が命の食べ物ですから購入したらすぐに食べてしまうのが一番いいのですが、たくさん買ってしまった時は食べきれずに残ってしまいます。

 

しかし、カニの正しい保存方法さえ守って冷凍保存すれば、とれたてと変わらない美味しさをキープしていつでも好きな時に食べることが可能です。

 

今回は、正しいカニの冷凍保存法について解説します。

 

カニを冷凍する前に、カニの状態を確認しておきましょう。

 

購入時にすでに冷凍されている冷凍カニならば、溶ける間に冷凍庫に入れることが大切です。

 

解凍が始まってしまった冷凍カニを再冷凍すると、カニの身から水分が抜けてしまい、後日食べるときにスカスカの状態になってしまいます。

 

冷凍カニを購入したら、その日に食べる分以外はすぐ冷凍するのが鉄則です。

 

ボイルされたカニを冷凍する場合、殻をむいてしまってから冷凍したほうが後々便利です。

 

殻から外した身はラップやジップ式の冷凍パックなどで包んで水分を逃がさないようにしておきましょう。

 

なるべく早く冷凍したほうが良いので、食べる予定が無いカニは早めに冷凍してください。

 

かに冷凍の鉄則は、水分の保護と急速冷凍です。

 

もたもたしているとカニのうまみが逃げてしまいますから、

 

うまみを逃がさないようにしっかりとガードして早めに冷凍処理してください。

 

おいしくカニを冷凍保存する方法

 

→ 美味しいかにを通販するならこちら

 

カニの冷凍保存方法

 

産地の近くに住んでいるわけでもなければ、生のカニがいつでも手に入るという人は少ない思います。

 

また通販などで生のカニを購入しても、高価なカニのことなので、1度に食べてしまうのはもったいないですよね。

 

私もカニを買った時などは、自宅の冷凍庫で保存し、何回かに分けて食べることが多いです。

 

ですが、実は、カニの冷凍保存というのは色々と気を使わないといけません。

 

まず避けたいのは、生のカニをそのまま冷凍することです。

 

カニは冷凍すると色が黒ずんでしまうので、せっかくのカニの見た目が台無しになってしまいます。

 

ですので、私は必ず茹でてから冷凍保存するようにしています。

 

そしてカニの冷凍保存で難しいところは、とにかくカニの身は水分が抜けやすいということです。

 

そのまま冷凍してしまうと、せっかくのカニの身がパサパサになってしまい台無しです。

 

なので、私は何重にもビニール袋で封をし保存します。

 

ビニール袋で包んだら、それを新聞紙で包み、またそれをビニール袋で包み、という工程を何度か繰り返し、

 

何重にもくるんで冷凍すると味が落ちにくいように感じています。

 

ただそこまでしても、やはり冷凍期間が長いと味が落ちてしまいますので、そのシーズンの内には食べきってしまうようにしています